BIGでVIPなTOPになる!

ど新規神山担による雑事ブログ

イアーゴー様を見てきた話。

 

 

神山くん、舞台全38公演お疲れさまでした!!

(今さら)(遅い)

 

わたしは1公演しか観劇しに行けなかったけど、

その1回でも神山くん演じるイアーゴーの素晴らしさが伝わってきました。

 

あらかたな感想は前ブログに書いたのですが、

私のミスで全消ししてしまい(泣)

関ジャニ∞のコンサートでWESTくん見たことも神山くんが真横通ったのも

ぜーーーーんぶ消してしまったので…。

 

改めて、Twitterの下書きに残された数々の私の狂言をもとに、

神山イアーゴーを振り返っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

まずはじめに。

 

わたしがシェイクスピアの『オセロー』を知っていたかというと、

まっっっったく知りませんでした。

シェイクスピアという人は知っていましたが、

シェイクスピアがどんな話を書いていたのかというのまでは知らず。

舞台までにあらかたオセローの内容をつかむべく小説を読んでおきたかったのですが、

地元の書店に売っておらず、なんも知らないまま新橋の方へ向かいました。

 

また、後から知ったのですが、

この『オセロー』はシェイクスピア史上三大悲劇作となっているみたいで、

さらに、神山くん演じるイアーゴーはシェイクスピア劇の中でもセリフ量が膨大な役らしく、

その苦悩ぶりは数々の雑誌のインタビューで神山くんがお話ししてくれました。

 

 

さて。舞台を観劇したお話に戻りますが。

 

この1度きりの公演ではありがたいことに1階席に入ることができ、

割と近い距離で神山くんを見ることができました。終始眼福だったわぁ…。

 

最初の幕開けから神山くんの膨大なセリフ量が飛び出します。

その時の神山くんの目は悪意に満ちた裏の顔を存分に醸し出していました。

 

今回、劇を通して印象的だったのは神山くんの『目』でした。

表と裏で目つきが違う。双眼鏡で見ていた時もそのことを強く感じました。

コンサートの映像を見ていても、

曲調によって神山くんの目つき変わっているな~と思うことがあります。

のんちゃんが以前コンサートのMCで

 

「神ちゃんは目ぇギラギラしがち、かっこいい系になるとすごくギラギラしてる」

 

と言っていたことがありますが、まさにその通りだな~って。

(ラキセのMCコーナー参照)

楽しい曲とか明るい曲調の神山くんはすっごい優しい目をしているんですよね。

バラード系になると切なそうな目つき、

そして神山くんの好きなかっこいい系曲になると目つきがギラッとなる。

 

演技だけでなく、曲調によっても神山くんの目って変わりがちだなって、

この1か月神山くんをひたすら見続けて感じている所存であります。

 

おっと、話がそれた。

 

んで、オセローの話に戻りますが。

オセローと話しているシーンでは忠実な部下として堅実な態度をとりますが、

オセローがいなくなって1人になった時やロダリーゴーと2人になった時などに、

さっきまでとの態度が豹変、すごい悪だくみを含んだ顔つきになり、

正直すごいぞっとしました。

この現代社会でもありそうだったから。

 

ほら、嫌いな上司とか友人と話すときはいや~な感じを出さないでニコニコしているけど、

その人がいなくなった途端、悪口大会が始まっちゃうような感じ?

すごい似ている…。

イアーゴーめっちゃ悪いやつやん…って思いながら見ていました。

 

1幕の終わりでイアーゴーが地球儀を手に踊っているシーンがあるんですけど、

すごい軽やかに地球儀を操っていて、

イアーゴーなのに一瞬だけ神山くんが見えたような気がしなくもない…。

地球儀で遊びながらイアーゴーが考えていることがザーーーーと出てくるのですが、

そのセリフの量もえげつない。そして、私はなんのこっちゃよくわかってなかった。

とりあえず、オセローに対して何らかの復讐はするのかなってことはわかった。

原作読んで話をつかみたいなって思った場面でした。

 

2幕ではイアーゴーの復讐がさらに加速します。

 

 

 

って話を書いて2週間近く放置してました…。

気づいたら私がオセロー観賞してから1ヶ月経っていました。

 

 

 

 

 

続けます。

1公演しか鑑賞してないのに気づいたら1か月経過していて、

もう記憶が薄れつつあるので記憶違いのこと話していたらごめんなさい・・・。

 2幕の印象的なシーンはイアーゴーとエミーリアの戯れですかね。

イアーゴーの復讐が加速して、

周りの人がイアーゴーの策略にどんどんハマっていく中で2人がウフフキャッキャしているシーンがかわいかったな~って。

でも、そのウフフキャッキャしているのは復讐に必要なハンカチをもらうもらわないでからかっているだけだけど。

あ~、神山くんのチュッてシーンも見ちゃったな~

あれ本当にしてたんかなぁ~~私の席からは見えなかった…

そして、思わず目をつぶってしまったよね、まだキスに関して免疫ない女子…(笑)

私が応援する人は生舞台でキスする運命にあるのかを方程式にかけたい。

(元担も去年主演舞台でキスシーンあった)

あと、最後オセローに認めてもらって副官になれてよかったね…って思ったけど、

副官になった先のイアーゴーはこのまま復讐を進めていくのかなという疑問があったようなきがする…

 

 

30分という長い休憩が終わっていよいよ3幕が始まった。

3幕は2幕の終わりをそのまま再現したところから始まったので、

長い休憩終わりにはとてもありがたく復習しながら3幕を鑑賞することができた。

そして、私個人的にとんでも奇跡が起きたのはこの3幕である。

 

1,2幕で神山くんは全部花道を使って劇場内を出入りすることが多く、

上手下手が私イマイチわかっていないけど、

あ~、あの花道付近の人神山くん堪能できるんだろうな~って思いながら、

わたしも双眼鏡から花道歩く神山くんを鑑賞していたわけだけど。

どういうわけか(まあ、場面の関係上だと思うけど)

神山くんが私の真横の通路を颯爽と通過した

のである。

もちろん、私がいた場所は前述のとおり花道とは反対の方にいました。

(上手下手がいまいちわかってないから結構わかりにくい言い方ですよね…)

まあ、私が座ってた列で止まることはなく、やや速足気味で通過しただけですが。

たった1度だけですが。神山くんの風を感じた(((昇天)))

あっっっという間に通っただけなのに泣きそうになった私。

絶対コンサートより近かった自信がある。

神山くんの余韻に浸っている間に物語は進んでいた…

最後はオセローもデスデモーナもエミーリアも殺されてしまって。

(エミーリアがイアーゴーに刺されてしまった瞬間泣きそうになった)

イアーゴーも捕まってしまうんだけど。

まあ、原作読んでいないからって話なんだけど、

なんで突然人が押しかけてイアーゴーをつかまれた人たちが殺されなきゃいけないんだろうって1ヶ月経った今でもめちゃくちゃ疑問で、

はやく原作のオセローが読みたい。すごいもやもやしている。

そして、イアーゴーはなぜか殺されずにいるし。

(襲撃にあった時死体のフリしていたから??)

イアーゴーは最後何を思っていたんだろうって今でも思います。

オセローやデスデモーナ、エミーリアがいるベッドの側へすり寄って、

最後何を考えたんだろうって。

自分が犯してきたこと?復讐は成功した?

もしこういうことをしなかったらどうなっていたのかな?

最後の解釈は観劇者それぞれにゆだねるような終わり方だったと思います。

 

最後のカーテンコールは3回。

1回目のカーテンコールはまだイアーゴーだった神山くん。

でも、芝翫さんに右腕をつかまれて手を振らされていたのが印象的だった(笑)

2回目でようやくいつもの神山くんに戻ったような気がして、

自分から観客席に向かって手を振っていたな~

2階席に知り合いがいたのかな、なんか、おっていう表情をしていた気がする、

それが桐山くんだったのであれば私は泣く。

(私が観劇した公演に桐山くん見学の情報を終わってから知って半分運使い切った感あった)

3回目も手を振ってくれてなんか神山担がヒィってなるようなことを最後してた気がするけど忘れてしまった。

ピースサインかなんかを最後してたような記憶があるけどアァァァ忘れてしまった(´;ω;`)

 

本編4時間通して思ったのは、

神山くんの手は性的である

(本編と全く関係ない)(ごめんなさい)

双眼鏡越しでも肉眼でも神山くんの手に軽率に萌えました。

血管がうっすら浮き出る神山くんの手が私は好きなのだと気づいた公演でした。

あと、軍服お似合いすぎて頭抱えそうになった。

神山くんの初生演技に感激して、私の神山オタクライフは加速の一方を辿るのでした。

 

改めて全38公演お疲れさまでした。

途中、神山くんがカテコ元気がないというレポートを見かけて、すごく心配になりましたが、

千穐楽のあいさつでイアーゴをやり切った神山くんの言葉を文字でですが見ていたら、

もう泣きそうになったし、神山くん自身にとってものすごい経験になっただろうなと感じました。

オセロー公演中には元々演じるはずだった今井翼くんがタキツバ解散&事務所退所という報道も出ました。

わたしはあまりこれに言及するつもりはないけど、

神山くんはなにを思ったのかなってちょっと思ったりしました…。

先輩から「頑張れよ」って言ってもらえて、

その先輩が事務所を退所するのだから何も考えないわけないよな〜って思いながら…。

 公演中にいろいろなことがあったけど、

わたし個人的には神山くんをはじめ、

全キャスト・スタッフが怪我なく全公演を完走できたことがすごいな、ありがたいなって思ってます。

 

また生演技している神山くん見ることできたらいいな♡

今度は地上波のドラマ出演お待ちしております!

 

f:id:am911:20181011193135j:image
f:id:am911:20181011193123j:image

 

大好きだった君へ 〜誕生日に想いを馳せて〜

 

1984年9月11日。

 

わたしの大好きだった人が生まれた。

兵庫県尼崎市出身。

誰よりも優しくてマザーテレサみたいな人。

ギター持ったらカッコよく音を鳴らす人。

主旋律もハモりも器用にこなす人。

演技をやらせたらその役に取り憑かれたように豹変する人。

日本語がちょっとおかしい人。

よく天然発言する人。

 

 

そんな人だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな彼は私たちに弱いところをよく見せなかった。

去年手術してたなんて今年に入るまで微塵も思わなかった。

でも、最近はよく弱いところも見せてくれる。

逆に人間らしさを感じた。

今までが完璧すぎた。

強い部分も弱い部分もあってこそ人間味が生まれるんじゃないかって、

彼を見てて感じた。

 

 

 

名古屋公演に入った時にあまりにも去年の彼と違いすぎて、

正直泣きそうになったし心が折れかけた。

それは当たり前、だって怪我してるもん。

でも、それでも心がやられた。

目の前にいるのは彼。

彼は彼なりに全力でやっていた。

だから私もそれに応えたかった。

私なりに応えたつもり。

でも、私は今回で担当を降りる。

 

 

私なりに4年くらい応援してきたつもりです。

いい時も悪い時も彼の笑顔に言葉に救われました。

最後東京公演参加して、名古屋よりも動けてたことに一安心しました。

最後安田くんの言葉が重く響いたというか、

その言葉が最後生の彼から聞ける言葉なんだな〜って思ったらしみじみしてしまって声を上げることすらできませんでした、

むしろ泣きそうになった。

周りの人みたいにきゃーって言えなかった。

 

 

この公演で去年果たせなかった彼のバースデーに立ち会うことに成功しました。

直接歌ってお祝いできました。

もうこれで私のeighterとしての悔いはほぼゼロに近いくらいありません。

あの公演で本当に彼への思いをすっぱり断ち切れたというか、

もうすっきりしたって感じです。

 

34歳の君へ。

私があなたの担当としてお祝いするのはこれで最後です。

別にあなたの姿を見て絶望して降りたわけじゃないし、

むしろこれからついてきてくれ〜って言ってくれたのに心移りして応えられない私が申し訳ないというか、

今がほんと頑張りどきなのに支えられなくてごめんなさい。

でも、本当にあの公演で楽しそうな顔してLIVEしているのが印象的でした。

これからもずっと大好きだった人としてフィルターかけときます。

テレビからの姿になってしまうけど、

これからも心のどこかで応援しています。

そして、怪我が早く完治してダンスもガシガシ踊れるようになることも願ってます。

 

君の未来に幸あれ。

 

 

 

Happy Birthday to Shota Yasudaf:id:am911:20180911093056j:image

担降り(?)的なブログ

こんにちは、こんばんは

 

タイトルの通り、今回はちょっと深い話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GR8ESTの台湾公演が終わったらわたくし、関ジャニ∞から離れようと思います。

振替公演が11月にあるみたいですが、そこまでは応援しません。

当初のオーラスである台湾公演で私はeighterとして一区切りをつけたいと思います。

台湾には行きませんが(笑)

もちろん、それは安田くんのことをがっつり応援しなくなることも意味します。

あ、彼が大嫌いになったわけではないですよ?

むしろ、ちゃんと自分の言葉で私たちファンに届けてくれる彼、すごく好きです。

これからも変わらずそのスタイルを貫いて欲しいくらいです。

 

でも、関ジャニ∞や安田くん以上に応援していたい人たちが今の私の中にはいます。

 

前回のブログでも少しお話したと思いますが、

最近、彼らの後輩でもあるジャニーズWESTから気になるどころか目が離せなくなりました。

その中でも、私は特に神山くんがとてもとても目が離せません、

むしろこれからは彼を追いかけていきたいという気持ちでいっぱいです。

 

神山くんを見ていると、ふと安田くんが重なるときが来るんですよね。

歌やダンスはのうまさはもちろん、クリエティブな一面、

ファッションが好きな一面、お芝居がすごい一面、

性格がとてもとてもやさしい一面。

ホントに些細な瞬間に神山くんという人間から安田くんの面影を感じるのです。

なので、私は今でも勝手に神山くんのことを「第二の安田くん」と思っています。

 

そして、神山くん見ているとすごく将来性を感じます、すごく、めっちゃ。

この1ヶ月くらいで思っちゃったんです、めっちゃ短期間でしょ?(笑)

それくらい魅力があふれていたんです。

「この彼をもっと応援していきたい!」という気持ちが日を追うごとに芽生えました。

今あまり関ジャニ∞並みにジャニーズWESTが大きなグループではないからこそ(少々語弊があるかと思いますが)

ジャニーズWESTを、神山くんを応援してあげたい、ってすっごく思います。

彼らの夢が実現するように応援して行きたいな、見守りたいなって思いました。

 

もしかしたら、今安田くんがケガで思う存分動けない分、

安田くんに似たような人が思う存分動いているのを見てそっちに走っているんだと思っていたんですよ、

当初は。

でも、ジャニーズWESTというグループにちゃんと真正面から向き合って、

LIVEでのパフォーマンスやバラエティーを動画などで見たときに、

「なんかこのグループすごいな、ちゃんと応援してあげたい」

ってめっちゃ思ったんですよ。

彼らの楽曲は何曲か知ってたし、

1年以上前?にパリマニの少クラverをみたときに「この曲めっっっっっちゃ好き!!」ってなった記憶あるけどそれ止まりだったし、

ジャニ勉出てた時も「あ〜、後輩わちゃわちゃしてんな〜」程度でそこまで気になりはしなかったのに。

ちゃんと向き合ったらめっちゃ面白い子たちだし、

歌もダンスもトークも上手だしギャップやばくね!?って思って。

もうそこからは沼一直線です。

 

別に関ジャニ∞名古屋公演参戦して、関ジャニ∞全体に幻滅したわけではありません。

嫌いどころか今でも好きです。大好きです。

むしろすばるくんが抜けた今、果たして6人で大丈夫なのか。

不安でいっぱいだった私を十二分と言えるくらい楽しませてくれて

ホントに最高の空間だったことは今でも忘れません。

残った6人1人1人の言葉もとても重く、

これからどう頑張っていくんだろう、それをちゃんと応援してあげなきゃ。

彼らが前を向いていることによって、私自身も前を向かなくちゃいけないのかな。

そう思ってました。

でも、やっぱり公演全体を通して若干不安が残ったのも事実です。

安田くんの体調もだし、やっぱりメインボーカルがいない関ジャニ∞は違和感でしかなく、

そんなときにみたジャニーズWESTはとても将来性があって、「あ、この子たち追いかけたいな」って素直に思いました。

 

名古屋公演から1週間後。

神山くんの声がなんとなくドタイプであることからはいって、

気づいたらジャニーズWESTの動画見あさっていました。

関ジャニ∞のこと頭から忘れるくらい、見ごたえのある彼らでした。

関ジャニ∞の弟分』でありながら、一緒に番組とかやっていたりしながら、

なぜ彼らの魅力に気づくまでにこんな時間かかったんだろうって正直今思ってます(笑)

 

とにかく今の私の思考の半分以上をWESTで占めるくらい熱中してしまったんです。

エイトとWEST、掛け持ちでもいいのではないかと考えたこともありました。

でも、学生だし両方にそんな大金使えないなって思ったのと、

自分的にはどっちも応援して中途半端になってしまうのがすごく嫌で、

これと思えばそれを全力で応援していたいんです。

そう考えたときに

今まで応援して来た関ジャニ∞よりもジャニーズWESTを全力で追いかけていきたいという思いが強いことに気付き、

今回関ジャニ∞から離れる決断をしました。

 

関ジャニ∞のみんなにはたくさんの元気と幸せをもらいました。

今でも、同級生から借りたニズムの象の時の安田くんの目、忘れられません。

あの時から安田くんにハマったって考えたら、もう3年彼のこと見てきたんですね、長い…

ふわふわで天然なのかと思いきやギター鳴らせばピカイチだし、

男らしさ満載だし作詞作曲のクォリティヤバいし後輩思いだし情が厚いし。

この数年で安田くんの魅力にたくさんおぼれながらオタクしてきたな~って感じです。

安田くんの力強い言葉でつらいとき助けてもらったこともあります。

コンサートでも様々な表情をした安田くんを見ることできたし、

時には超間近で安田くんのお顔を見るときもあったし。

安田くんの生芝居や出演映画を見に行ったり、

さまざまな場面で安田くんを感じながら現実世界にもまれながらも生活してきたこの数年。

悔いはあるか?と言われたら、若干はあります。

まず、降りるタイミングが再スタートを切った直後であること。

まだまだいろんな不安要素抱える中で降りていいものか思ったこと。

でも、Mステのパフォーマンス見て、「あ、この人たちすげえ」って改めて思ったし、

「わたしがこれからがっつり応援しなくなってもめっちゃ成長するだろうな」って思いました、単純に。

(なにより安田くんが名古屋よりも動けてたことに感動しました、あとからコルセットをあのパフォーマンスのためだけに外したと聞いて心配にはなりましたが。)

安田くんが完全復活するまで他に目移りしないで全力で応援したかった、とか、

安田くん以外に目移りしないでもっと応援したかった、とか、

過去のDVD全部コンプリートしてないな、とか。

 

でも、それはそれ、今はその若干の後悔を神山くんにぶつけたい、そんな思いでいます。

Jr.時代やデビューしてからのことを想えばまだまだド新規ですが、

情報量は今頑張って蓄積したら追い付ける範囲ではないかって勝手に思っているので

これから検索しまくります。(笑)

もちろん、目指せDVD・アルバム(シングル)コンプリート!!!

 

これからは安田くんがかわいがっている神山くんに私は愛情を注ぎたいなって思ってます。

安田くんの面影は後輩である神山くんから感じとります。

きっと、これからも神山くんが雑誌やテレビの取材で「安田くんが~」って言ってくれることを信じて。

もちろん、これからもお邪魔できるときは関ジャニ∞のコンサート行って、

わたしが離れても6人体制になっても元気に頑張ってるでー!ってところ見たいので、

機会をうかがって行きたいなって思ってます。

 

Twitterでも安田くんや関ジャニ∞きっかけにたくさんの人と出会いましたが、

今のフォロワーさんが大好きです。

たくさん良さについて話したり、くだらないことも話せる仲になった人もいるし。

アイドルグループ1つでこんな素敵な縁に恵まれたことホント感謝しています。

仲良くしてくれたみんな、本当にありがとう。

 

なんか、すごい言い訳みたいな文章つらつら綴っているようにも感じますが、今まで関ジャニ∞応援できたこと幸せに思います。

なんか、うまくまとめられないな、まさか自分がこんなブログ書くとは夢にも思わなかったし。

なんか、いざという時はあまり書きたいことが書けないものですね。

わたしが伝えたいことはあまり伝わってないとは思いますが、

最後eighterとして東京公演行って、台湾公演のレポ見て、わたしのeighterと名乗っての活動は終わりになります。

だけど、これからも茶の間で関ジャニ∞のこと見守っていたいし、

これからも後輩のジャニーズWESTと共演もいっぱいあることだろうから、

見るたびに「すごい人たち応援してたんだな…」って思わせてくれるグループに成長してくれることを期待しています。

また、機会があれば、成長した関ジャニ∞に会いにコンサートにも行きたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの元気と夢をありがとう、安田くん、そして関ジャニ∞のみんな。

そして、これからよろしくね、神山くん、ジャニーズWESTのみんな。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな私はGR8EST東京公演→オセローと新旧の自担2人に連続で会いに行けそうです。

 

 

 

 

 

 

 

最後になりますが、

これから応援するグループは変わりますが、今後もこのブログに遊びに来てくれたらうれしいです。

今まで応援していたぞ!という証も残したいので、

今まで書いてきた記事は消しません、残します。

(すごい未練タラタラのオタクに思われそうですが未練はほとんどありません)

まとまりのない文章ですみません。(笑)

夏休みを使ってジャニーズWEST、勉強します!!(笑)

f:id:am911:20180829002303j:plain

 

P.S. 担降りに伴いまして、ブログタイトル、アイコン等変更させていただきます。 

 

最近沼に堕ちかけの人がいるよって話

こんにちは、8月になりましたね。

 

あと少しでエイトさんもツアー再開。

 

わたしもご縁があって、東京公演にお邪魔することになりました。

あれだけ、もう多ステしないといったのですが…

 

やっぱり、名古屋よりも回復した安田くんがどうしても見たくなって、

チケットを探していたところ見つかった次第であります。

お金はめっちゃないけど何とかします!(笑)

 

 

さてさて。

 

 

そんな私、最近ちょっと気になる人が出てきました。

今のご時世、YouTube見放題。

動画サイトもいろいろ出てきますよね。

 

わたしもたまにはエイトさん以外の動画を見るわけですよ。

 

そんな時。

 

 

 

 

 

 

 

 

素晴らしく私のドタイプの声に出会いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャニーズWEST神山智洋くんです!!!!!

 

f:id:am911:20180805110229j:plain

 

 

 

 

 

 

声聴いててすごく落ち着く!!!!!

 

 

ってことで、神山くん見たさにさらに動画をあさっていたら、

なんとなんとかわいらしい中に男らしさがあって、

 

まるで安田くんみたい

 

身長もメンバー1小さくて、

兵庫県出身で、

血液型はA型で、

めちゃめちゃ優しい性格の人で、

 

 

ってもう第2の安田くんにしか見えない…

 

 

 

 

 

 

 

 

正直言うと、関ジャニ∞の沼に堕ちたとき、

後輩は好きにならねえだろ、

セクゾより下の後輩はよくわかってないけど、

関ジャニ∞の直属の後輩はデビューしているんだ、ふーーーん程度の認識で、

たまにドラマとかで、

「あ、この子WESTの子だよな~」

的なかる~~い気持ちで彼らを見てました。

(ちなみに流星くんはお姉ちゃんたち経由で元から知ってた)

 

ましてや、神山くんは眼中にもなかったし。

こんな子がいるんだ、的な。

全然興味も関心もなかった私がついに堕ちかけてます。

 

とりあえず、お金がたまったらFC入るのはほぼほぼ確定しているし、

WESTivalのDVDがまだ出ていないということから発売次第購入予定だし、

順調に沼堕ちへの道をたどっています。

 

しかも、神山くん平成生まれだし私と大して年齢変わらないし、

わたしもついに平成生まれの人を好きになる日が来るとは思いもしませんでした。

平成最後の夏に平成生まれの人に堕ちるなんて…正直びっくり仰天。

 

 

てことで、このブログでもたまーーに彼のことが出てくると思います。

その時は温かい目で見ていただけるとありがたいです。

 

昨日のbayじゃないかで濵田くんと重岡くんが

「ラジオを聞いてファンになった子がおるって」

的なこと言ってて一瞬自分のことか!?と思うくらいドキッてしました(笑)

 

 

 

そして、そんな私の第2の自担になりかけの神山くんと重岡くんが出ている、

Netflixのオリジナルドラマ『宇宙を駆けるよだか

 

最高すぎるからファンの人もそうでない人もみてくれぇぇぇ!!!!

 

全話配信中でなおかつ1か月間はコンテンツ無料途中解約も可!!

 

見るしかない!!!!!!!!!!!

 

主題歌の『アカツキ』もよき…

シングル欲しいけど残念ながら後回しの予感…

しかもなんでこれA面じゃないの…

名古屋0721

 

ネタバレしますよ!!!

 

ネタバレ!!

 

ネタバレはもっと下の方でやろうと思うので、

とりあえず雑感。

 

 

 

 

◎名古屋is暑い!!

・暑かった、特にグッズ売り場

・わたしの場合、30分程度で購入できたけど、

 開演直前は1時間近く待つと聞いて、この状況で並ぶの辛いと思った…

・屋外にいるの10分が限度

・日陰が欲しかった

・イオンもみんな避暑地にしてて冷房効いてない()

 

◎体調管理

これ、大事!!!

・夜行バスの睡眠不足が祟ったのか、開演3時間前にして若干体調壊した

 (頭痛、腹痛などなど)

・これだと500ml1本ではコンサート足りないと思い、思い切って2Lペットボトル購入

 →これが助かった…、コンサート終わるまでに半分以上飲みきった…

・暑い日のコンサート、

 500ml何本も買うよりなるべく大きなペットボトル買うのおすすめ

(ただし、重いのが難点。それでも万全な状態で大好きな人たちに会うためにはこれくらいしてもよきなのでは!?)

 

◎コンサート全般(ネタバレなし)

・座席は1ゲートから入ってスタンド10列目でした!肉眼でメンバー確認できるお席!

・大倉くんのドラムセットにBABYちゃんあり

・終始6人が見なれなかった

・幻聴のようにすばるくんの声が聞こえた

・横山さんと村上くんの歌唱力が抜群に上がっていた

 →きっと盟友の穴を埋めようとこの数ヶ月で努力したんだろうな…

・セトリがよすぎて、何度かどよめきが起きてた

・すばるくんがいた時になんで歌わなかったんだ〜!って個人的に思った曲が3曲

・安田くんがスーパーアイドル

・安田くんのメガネは黒縁メガネ

・アンコール終わってはけるときに安田くん投げチュー

・アンコールの横山さん、まるメガネかけててかわいかった

・安田くん、最後の最後に雄田降臨、fuckポーズしてた

 →最高に尼ヤン感醸し出してた

・村上くん前髪あり

・バンド紹介している村上くん最高にノリノリ

・村上くんの無限投げチュー確認

 →双眼鏡越しに投げチューしている村上くんと目が合ったので、

  私に向かって投げちゅ―したと思い込みますね(え)

 

◎MC

・安田くんはお着替えのため終始不参加

・MCは丸ちゃんの香水について、キスマイの熱中症対策について、ドラマについて

・丸「今日のために香水つけてんねん」

 →横山、錦戸、大倉が首や手の甲の匂いを嗅ぐ(この仕草に会場悲鳴)

・札幌に引き続き絶対零度の話

・村「俺、どこが胸キュンかわからなかった」

・胸キュンは上戸彩さんと2人でのシーン

・大「やってよ!!!」からの大倉、村上、錦戸、最後お手本で横山

 →悲鳴の嵐、村上くんに関しては爆笑

・オーディションの話になって、「拝啓、父上様」のオーディションに横山、大倉参加

・横「急やったからジャージで行った」

・村「俺、オーディション行ったことない」

・西郷どんの話では、裏がカオス

・顔面に血糊が付いた状態で、出演者がタバコとかふかしてる

・村上くんが大倉くんのドラマを「モンテクリスト伯」ではなく、

 「テルミーワイワイ」として覚えていた(メンバー会場爆笑)

 

 

 

コンサートのネタバレがない感想はここまで!

次からは曲とか出てるネタバレです〜!

回避してる方は参戦後にでも!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎コンサートネタバレ

・まずこれだけ、大倉さん天才か!!!!

・名古屋〜Kura Tic(Kura Tok?)

・名古屋からということに衝撃

・21日はヤンマーがアイスクリーム

(レポにて22日はヨコヒナがイツマイだったとか…)

・アイスクリームを完璧にあるアイドル安田章大

・大「完璧やん!」

・2人で仲睦まじく動画を見る倉安…

・亮ちゃんも挑戦するものの、ハートを逆に作ってしまい、最後まで行かず

・ラストはI to U(女声ver)に合わせて、

 錦戸、安田、大倉、丸山、ヨコヒナで手のひらに顎のせ(悲鳴)

・ユニット&ソロ:わたし鏡、torn、パンぱんだ、LOVE&KING(feat.torn)

・開演5分前パロはGR8EST BABYちゃん

・OPは遺伝子が絡み合って〜みたいなのからスーツで決める6人が登場(悲鳴)

・1曲目は応答セヨ(原曲キーではない?)

・なぐりガキBEATをバンド演奏してた!

 →いつも振り付け付きだった気がする、安田くんが踊れないためその配慮?

・ズッコケ男道の出だし、横山さん!

 →しかも自ら前に出てきて歌ってた

 →途中で丸ちゃんの肩を組んでた、めちゃくちゃ楽しそう

・バクステで演奏してる時、亮ちゃんがバクステの真後ろのアリーナ席に向かって演奏

・Heavenly Psycho、BJ、LIFE~目の前の向こうへ~

 →個人的に生で聞きたかったやつ~~~~~~!!!

  あとちょっと早かったら7人の演奏で聞けたのかな

・KING作文でみんな大好きトランプマン(安田)降臨

 →21日は横山×錦戸

 →最後2人でハグ、罰ゲームは横山

・アンコールにて村上くん安田くんイチャイチャタイム

 →安田くんの分のプレゼント大砲も村上くんが撃ってあげてた

 →安田くんが客席にむかって大砲撃つ方向を指示

・パノラマの「Right on~」の振り、

 安田くんが踊れない分村上くんの全力Right on~!(×2回)

・バクステからメンステに戻る際のトロッコ乗るときに、

 村上くんが安田くんのトロッコにちょっかいかけてなかなか出発できない

 →なんて言ったか忘れたけどとりあえずキャッキャしてた

・今をパフォーマンスしているときに、

 すばるくんパートをまるちゃんが歌うことになっててまるちゃん歌い忘れ

 →この部分で「あ、…すばるくんいない…」って最も実感したかな

・アリトロ亮ちゃん停止位置でした!

・安田くん以外は割とアリトロ、外周トロッコ乗ってたイメージ

・安田くんはアリーナ中心部を結構行き来してた

 

 

 

傷跡隠して微笑む君の優しさを知ってるよ

 

月曜日。

バイト終わってTwitter見ていたら、みんなが騒がしかった。

何事かなって思ったら、安田くんの体調のことだった。

 

まさか、そんなことがあったなんて知るよしもなくずーっと去年から今まで見てきました。

 

俺節の時もジャムツアーの時も

薬とか飲みながら術後と闘っていたんだね。

 

そんなこと微塵も思わせない、

彼のプロ魂に昨日私は脱帽しました。

 

正直言うと、私は昨日のFCの動画は見れていません。

みるのが怖いんです。

コメントやらなんやらは見たけど、

それでも動いてる彼をみるのが怖いんです。なんでだろ。

 

去年の2月にメディアから姿を消したこと、

会見に出なかった本当の理由、

すべてのことが昨日で繋がって。

 

安田くんには私たちのことよりももっと自分の体を大事にして欲しいなと思っています。

 

一度きりの人生。

せっかくアイドルとしてわたしたちに幸せを与えているのに、

その資本となる体を自ら無理して欲しくないです。

この先、苦しくなるのは自分自身なのに、

どうしてツアー初日からちゃんとステージに立とうとするの?

どうして最後生放送出ようとするの。

休んで欲しい。ただそれだけです。

 

ここまではその知らせを受けて書いた、

いわゆる殴り書きみたいなやつです。

 

そして火曜日。

4月9日ぶりにボク。が更新された。

 

安田くんらしい文章で、過去一長いんじゃね?ってくらいの分量で、

安田くんの思いがつづられていた。

 

言葉にできなかった。

今まで刺さりに刺さりまくってたとげみたいなのがちょっとだけ抜けたような気がした。

安田くんは私の指針、だなんて勝手に思ってたけど、

やっぱりその言葉が合うような生き方を安田くんはしているし、

過去も今もこれからも安田くんはいつだって私の指針になってくれると思います。

 

そして、木曜日のレンジャー日誌も読みました。

年下4人のただならぬ覚悟というか決意というか、そういうものを感じました。

年上3人はなんか通常通りというか、それはそれで安心したというか。

やっぱ、まるちゃん、安田くん、亮ちゃん、大倉くんは同期だし、

(まるちゃんは2回目の入所だけど)

安田くんにたくさん借りがある分、恩返しの意味を込めて安田くんを支えてあげるんた、

という思いが亮ちゃん、大倉くんの文章から感じました。

2人とも安田くんのこと大好きだし、たくさん助けてもらってたよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ってところまでまたまたかいて日付が空いて今日です。

すばるくんが関ジャニ∞として活動するのは最後となります。

事務所にはいるんですけどね。

 

まあ、なんでしょうか。

ジャニ勉以外は割と生でちゃんとみました。

すばるくんの最後を見届けました。

ここまできてまだあんまりすばるくんが抜けることも、

関ジャニ∞が6人になることも実感がありません。

 

まさか、好きなグループに脱退報道が、

しかもこれで2度目になるとは思いもしなかった3ヶ月前。

この3ヶ月間、割と忙しかったというのもあるのか考えなくて済む時もあって、

関ジャニ∞の曲(特にシングル)聞かなかったり、

アルバムも購入しなかったり、

エイトを考えずに他のアーティストさんに逃げてたりもしました。

 

でも、そんな逃避行も今日で終わりです。

もう明日からは現実を見なきゃな、って。

現に明日6人の関ジャニ∞を見届ける方達がいます。

わたしも来週の今日、ナゴヤドームに足を運びます。

これで現実なんだと受け止めなくてはならないなって。

その後のことはまた考えようって。

(木曜の亮ちゃんのレンジャー読んでたら亮ちゃんが怖くなったのはわたしだけですか…)

 

でも、やっぱり6人の決意だったりすばるくんの言葉聞いてたら、

6人の関ジャニ∞渋谷すばるのソロ活動がなんとなく楽しみな気分になって、

すばるくんと関ジャニ∞6人は物理的な距離は離れてるけど、

心の距離は永遠と離れることないんだろうなって感じちゃって。

 

そういった意味では、

今後も仲良くわちゃわちゃ、私たちが見えないところでやってて欲しいなって考えることができる自分がいることをこの数日で感じました。

 

すばるくん。

わたしがすばるくんの歌声を生で初めて聞いた時すごいなって純粋に思って。

顔もちっちゃいし本当に30代後半の大人の男性なのって思うことも多々あって、

ファンになって3年弱なるけどその短い間でギャップに翻弄されまくって、

楽しい時間も提供してくれて本当に楽しかったです。

またあなたの歌声を生で聴きたいです。

これからあなたの音沙汰がなくなり、

どこでなにをしてるのかわからなくなる環境にはなるけど、

すばるくんはすばるくんらしい残りの人生を歩んでいるのかなと信じています。

そしてあなたの愛した関ジャニ∞をこれからも微力ながらだけど応援していきます。

事務所に入って21年間、お疲れ様でした。

 

そして、6人になった関ジャニ∞さん。

ツアーであなた方がどんなパフォーマンス見せるのかとてもとても楽しみにしてます。

また、すばるくんが抜けたからといってたるんでたら許しません。

すばるくんに対抗心燃やしてメキメキと頑張ってください。

 

 

とりあえずまとまってない文章でごめんなさい。

話が飛びまくってごめんなさい。

でも、このブログだけはこの日までにあげたくて書いてたんですけど、

こんな形になりました。

グッズも出ました、過去1グッズにお金使いそうです。

明日から台湾まで頑張ってください。

代わりなき僕らの証

 

 

テレ東音楽祭見て情緒不安定に陥りました、どれみちゃんです。

 

本当に渋谷すばるさん抜けちゃうんですか!?

7月15日から6人でツアーナンデスカ!?

安田くん全く動けてませんけど大丈夫なんですか!?

 

そんなことを声を大にして叫びたいくらいでした。

今までテレビで何度もパフォーマンス7人でしてくれたけど、

このテレ東音楽祭のパフォーマンスが見ていてとってもつらかったです。

 

正直、ツアーが不安になったしますます怖くなりました。

ツアー本番までどうやらほかのアーティストやアイドルの曲に逃げそうです…

 

そんな私、最近「これ今の関ジャニ∞だな」って思う曲に出会いました。

もうかれこれ7年前の曲ですが。

 

flumpool/証』

 

皆さん覚えてますか?

NHK合唱コンクールの課題曲とかにもなったりした曲です。

 

歌詞がめちゃくちゃいいし泣けるので、

どうして今の関ジャニ∞だなと思ったのかとかをつづりたいと思います。

これを機に聞いてほしいなって。

聞いたら聞いたで泣いてしまうかもしれないけれども。

(もう本当に思ったことをブログに書いていかないとTwitter荒らしてしまって大迷惑かかる…)

 

ちなみにこの曲で「僕」と「君」という歌詞が出てくるのですが、

僕=関ジャニ∞

君=すばるくん

と思って考えました。

 

前を向きなよ 振り返ってちゃ うまく歩けない

遠ざかる君に 手を振るのがやっとで

声に出したら 引き止めそうさ 心で呟く

“僕は僕の夢へと 君は君の夢を”

Aメロの部分。

もう言わなくてもまんまだなって感じました。

きっと今でも声には出さないけど、

「僕の夢は僕の夢 すばるくんはすばるくんの夢」って思ってるのかなって…

過去を振り返らずただひたすら前へ進もうとしている関ジャニ∞の姿と

この歌詞がどうしても重なってしまう部分です。

 

あたりまえの温もり 失くして 初めて気づく

寂しさ 噛み締めて 歩み出す勇気 抱いて 

Bメロは私たちファンにも当てはまる部分だと考えてます。

 すばるくんは関ジャニ∞の絶対的センターといわれていたし、

そんな人がeighterと私たちファンをそう呼んでくれて、

大切にファンを想ってくれてた人。

そんな人の温もりがこれからなくなってしまう。

それはとても寂しいことだし、今のそのことに気づかされ寂しさを感じているところです。

その寂しさをかみしめながらこれからの6人の関ジャニ∞を見ていく。

そんな勇気が私にはほしいです。(今、そんな勇気ありませんが。)

 

 

溢れだす涙が 君を遮るまえに

せめて笑顔で“またいつか”

傷つけ合っては 何度も許し合えたこと

代わりなき僕らの証になるだろう

サビ。もう泣ける。もろ彼らじゃん。

笑顔で「またいつか」

6人は会えば言えるのかもしれない。

でも私たちはどうあがいても最後に生のすばるくんにはほぼ会えない。

だから「またいつか」すら言えないの。涙が止まらないの。

傷つけ合っては~のところは、

私的には関ジャニ∞がこれまでジュニア時代から歩んできた歴史が重なるのかなと思いました。

ジュニア時代、幾度となく喧嘩したと思うし、

でもそれでもきちんと仲直りして、

こうして同じグループの一員として活動してきたのだから。

それは彼らが離れ離れになったとしても変わらない「証」なんだろうなって。

きっと、すばるくんがアメリカへ旅立ったとしても

変わらず連絡を取り合うんだろうなってどこかで思います。

というか、夏のツアー中とかも普通に合間縫ってすばるくんとごはんとか行ってそうって勝手に考えてます。

それくらい彼らが共に過ごした時間というのはかけがえのない財産として、

永遠と7人それぞれの心に、私たちファンの心にも残っていくのではないかなと考えてます。

というか絶対そうだと思います。

 

“我侭”だって貶されたって 願い続けてよ

その声は届くから 君が君でいれば

 

どんなにすばるくんが思っていることが

残りの6人だったり私たちからしてみればワガママなことかもしれない。

でも、すばるくんの声はすばるくんらしくずっといたら届くってことなのかな…?

だからワガママ言われようが夢を貫き通せってことなのかな。

重ねるとしたらそんなことだよな…って思いながら考えました。

この部分だけいまいち掴めなかったんですよね…

皆さんならどう考えますか?

 

僕がもしも 夢に 敗れて 諦めたなら

遠くで叱ってよ あの時のようにね 

もし6人が6人の夢に向かっている途中で挫折しそうになったら、

すばるくんが遠い異国の地からはっぱをかけてくれるのかな。

「お前ら、がんばれよ、俺も頑張っているからさ」って。

すばるくんらしい熱い言葉を6人にかけてくれると思います、きっと。

 

君の指さすその未来(さき)に 希望があるはずさ

誰にも決められはしないよ

一人で抱え込んで 生きる意味を問うときは

そっと思い出して あの日の僕らを

すばるくんが指す未来は私たちにもましてや関ジャニ∞のみんなにも決められない。

だから、あの日すばるくんの意思を6人は尊重しそうさせることにした。

もし、すばるくんが異国の地でどうしてって考えこんでしまったとき、

思い出すのはどんな出来事だろう。

「家族よりも長い時間を過ごした」関ジャニ∞のメンバーとしての日々なのかな。

それとも私たちの知らない日々であったり思い出たちであるのかな。

そんな未来であってほしいなってこの曲聞いた時、率直に思いました。

 

“またね”って言葉の儚さ 叶わない約束

いくつ交わしても慣れない

なのに追憶の破片(かけら)を 敷き詰めたノートに

君の居ないページは無い

きっと関ジャニ∞7人で叶えたい夢はたっくさんあったと思う。

でもそれは今度からは「叶わない約束」へと変わってしまうんだろうな。

でも、記憶の中にすばるくんがいないってこと今まで1つもなかったんだよ。

これからどんどんすばるくんのいない新しい記憶が積み重ねられるんだって考えると、

しんどいしか言葉が出てこない…

 

溢れだす涙 拭う頃 君はもう見えない

想うことばは“ありがとう”

傷つけ合っては 何度も笑い合えたこと

絆を胸に秘め 僕も歩き出す

最後大サビ。

もう何も言う事ないな…

すばるくんと関ジャニ∞の絆。

一生途絶えることないものを秘めながら、

この夏以降彼らはそれぞれ頑張っていくのだろうと考えています。

 

わたしはこの夏のコンサート終わったら、

一旦彼らを追いかけまわすことを辞めようかなって考えてます。

失ったものがあまりにも大きすぎて。

あとは自分の将来をきちんと見つめたくて。

せっかくFCも更新したけれども。

だからこの曲はすばるくんと関ジャニ∞重ねることもできるし、

わたしと関ジャニ∞を重ねることもできると考えてます。

てか、重ねて改めて聞くと余計涙腺溢れちゃう…

 

この曲、中学校の時の合唱コンクールで歌ったときは、

こんなにも歌詞で泣かされるとは思いませんでした。

こんなに歌詞で深く考えたことなんてありませんでした。

 

初日まであと2週間。

そして、私の参戦日まであと24日。

 

最後にきちんとさよならって画面越しでもいいから

生のすばるくんに伝えられたらな…

 

ツアーには7人のお顔が映ったうちわ持っていこう

f:id:am911:20180627223012j:plain