目が合って動けない

学生eighterによる関ジャニ∞さんについてつらつらと。

偏差値の低いパリピソング『JAM LADY』

こんにちは~~☼

こんばんは~~☾

私的ジャム初日(オーラス公演)まで3週間切りまして、

このたび初自名義チケットが届きました~~(パチパチ👏

えっと、正直当日まで席分からないシステムなので、

ゲートはヤバめですが(いい意味で)期待してません!(笑)

 

 

 

 

 

 

そんなこんなですが、アルバム発売されてもう2ヶ月ですか?

いまだに通常盤のみ収録の3曲聞いておりません!!!

買ってません!!

レンタルも近所にそのようなお店がないのでしてません!!

なんなら、それらを聞かずに参戦しようとまで思ってます!!

すばるくん作詞作曲の『生きろ』はなんとなーくスバラジで流れたのを聞いたような気がしますが、正直もうどんな曲だったか覚えてません、忘れました(笑)

てなわけで、3曲ともほぼ初見状態で参戦するわけなんですが、

「お前、それはヤバいぞ、ぶっ殺されるぞ」って思う方はコメントお願いします(笑)

 

 

で・す・が。

さすがに曲調知らなくても歌詞だけはなんとなく頭に入れておきたくて、

われらが自担の安田くん作詞作曲の『JAM LADY』だけ

ちょろっとみたんすよ、歌詞を。

まぁ~~~~やばいね

なんじゃこれ。

そしていろいろ気になりすぎて紙に歌詞を書き出して

いろいろ書き込んでいったらとんでもないことになった(笑)

全部おおまかにわかるまでに2時間もかかった(笑)

(おかげで睡眠時間足りなくて本日のバイトを遅刻するところだった(笑))

てなわけで、あまりこういうことが得意でない私ですが、

この『JAM LADY』について解剖していきます・・・

拙いですが、最後まで読んでみてください。

全部自己流解釈です。ご注意を。

 

 

✔韻の多さがえげつない

安田くんが最新の会報でも言ってるように、

この曲ではめちゃめちゃ韻が踏まれてます。

例えば、

 

毎回凹凸 衝突不可欠

ハイサイOh↑凸 大概Oh↓凸・・・様々な報告

 

代々受け継がれる伝家の宝刀

天下の黒糖 相当暴走煌々

この部分を全部ひらがなにすると、

まいかいおうとつ しょうとつふかけつ

はいさいおーとつ たいがいおーとつ・・さまざまなほうこく

だいだいうけつがれるでんかのほうとう

てんかのこくとう そうとうぼうそうこうこう

さらに、これを母音のみにすると

aiaiouou ououuaeu

aiaiouou aiaiouou・・・aaaaaouou

aiaiueuaeuenaoouou

enaoouou ououiououeouou

めっちゃわかりにくい!!(笑)

ですが、3種類の韻のタイプに分けられます。

まずは赤文字

赤文字ではaiaiという韻を踏んでいます。

基本的には歌詞の先頭部分に来ていることが多い韻です。(頭韻)

次に紫文

紫文字ではououと踏んでおり、大概はフレーズの最後で踏んでいます。

が。ここ謎。これ違うのかな・・・。

なんで衝突もouou部類なのかな、普通はaiaiになるべきところだよね

これはなに・・・教えてだれか・・・。安田くん・・・。

最後、3種類目として色が違くなりましたがアンダーラインを引かせてもらった部分。

ここはenaoououとなっており、誰かのブログでちらっとお見かけしたのですが、

『伝家の宝刀』と『天下の黒糖』って同じ意味なのでは??という意見が。

ワードとしては全然違うのに韻の踏み方が全く同じなので、

この2つはどんなものであれ同じ意味をあらわしているのではないかな~~と

私も思っています。

ほかにも、

囁く声に 高鳴る余計

はたらく母性 跨るオレに

の部分も解体していくと

ささやくおれに たかなるよけい

はたらくぼせい またがるおれに

これが母音のみにすると

aaauoei aaauoei

aaauoei aaauoei

4フレーズまったく同じ韻なんです!!!!!!!

ナンテコッタ!!!!!!!!

てことは歌詞入れ替えても母音は同じだし問題ないじゃん~~~

というか、このブログ書いてて思ったけど、この部分

囁く声に 高鳴る余計

はたらく母性 跨るオレに

より、

囁く声に はたらく母性

跨るオレに 高鳴る余計

のほうがはっきりとこの部分の情景が浮かびませんか???????

この私が入れ替えたような歌詞にしたら、

「あ、この部分は男性の囁き声で女性の母性が働いちゃって

跨っている男性に対して女性は胸のドキドキが加速してるんだ」

って解釈しやすくないですか???

どうですか?????

わたしだけですか????

あーーーーー安田くんの解説が欲しい(笑)

ちなみにこの曲全部の歌詞の韻について調べたところ、

私は22か所になりました、多い、多すぎる(笑)

もし、調べた方どうなったか教えてほしいです・・・(笑)

 

✔言葉遊びが巧み

すげえよ、これ安田くん天才じゃね???って思ったこと。

まず、

『What's your type? あーゆーLADY』

『WHAT!!うわあtype! JAM LADY!』

の部分ですが。

『WHat's your type?』『WHAT!!うわあtype!』の部分を読んでみると

音が似てませんか??

てか、これほぼ同じに聞こえるやつ。

この部分に関しては、安田くんも会報で解説していますが、

ほかにもこのような部分はたくさんあって、たとえば、

2番の『そお 快感 無礼なタラシで』

3番の『爽快感 クレイジーなタラシで』

『そお 快感』『爽快感』って表記は違えど同じように変換可能ですよね??

『Fake Make Love』『上行くMake Love』

読んじゃえば同じように聞こえますよね??

『すぐ彷徨う』と『すぐさま酔う』とかも、全部ひらがなにしちゃうと

『すぐさまよう』だしどっちにも変換できちゃう。

そんな部分がこの曲にはたくさん散りばめられています。

あ、『オゲレツ』『OK? LET'S?』もじゃん。

そう考えても全部探しきれないと思う、うん。

わたし、これ以上捜せない、あるよって方教えて(笑)

 

✔アッチ方面の表現がうまい(笑)

エロさ全開なんだけどド直球じゃなくて、

抽象的な表現でエロさをあらわしているにもこの曲の特徴のひとつ。

たとえば、

「伝家の宝刀」

代々家宝として伝わっている名刀のこと。

転じていよいよという時以外にはみだりに使用しない、とっておきのもの・手段など。

アレしかなくね????男性の、ね、アレ。

(アレといわれてもわからないですよね)

でも、歌詞見ただけで、「これってあれの表現なのかな・・・」ってわかる私も

おかしいようなそうでないような・・・

 でも、安田くんは語彙力がすごいというかたとえがすごいというべきなのか・・・

頭の良し悪し関係なく、妄想力がすごいんじゃないのかなって思います。

そうでなきゃ、ああいうような表現の仕方できないんじゃ?って思います。

曲聞いてないけど。

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、拙い解説もこれで終わりです。

わかりにくいところたくさんあったと思います。

何度も言いますが、あくまでこれは私の解釈なので、人それぞれの解釈があっていいと思います。

さて、ジャム初参戦にして最終公演まで2週間となりました。

時の流れ、めちゃめちゃはやい・・・

もうエイトさんに会えるの・・・?

ヤバイ・・・、ワクワク止まらない・・・。

あと2週間は浮かれて生きようと思います、

浮かれすぎてヘマしないようにしなきゃ。(笑)