目が合って動けない

学生eighterによる関ジャニ∞さんについてつらつらと。

eighterが他G&他担主演の映画を見て号泣した話。

こんにちは~~こんばんは~~

 

久々にパソコンからブログ記事を書いています。

それとここ最近書いて投稿した記事に関して、

いくつか修正させていただきました。

といっても、文字の大きさや色付けなどそのような程度ですが。(笑)

もしよろしかったら修正したてほやほやの記事もご覧ください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、先日、ひっさびさに映画を見てきました。

 

ナミヤ雑貨店の奇蹟

主演:山田涼介(Hey!Say!JUMP)

 

JUMP担の友人に誘われていったのですが、

ここ最近の映画履歴としてほとんどエイトさん関連なんですよね。

なので、エイトに関係ないジャニーズグループの映画は久々でした。

結論:大っっっっ号泣かましました

映画ってこんなに泣けるっけ??

私の涙腺こんなにゆるゆるだったっけ??

館内にちらほら人がいるのに人目気にせず、

挙句の果てには誘ってくれた友人も「え、(笑)」って思うくらい

泣きっぱなしの映画でした。

もう公開日から何週間か経過しているので、

ネタバレのオンパレードでブログを書いていくのですが、

まず、改めてキャストが豪華すぎる。

山田くんしかり、西田敏行さん、林遣都さん、門脇麦さん、

成海璃子さん、荻原聖人さん、尾野真千子さん、etc…。

なんなんだこのメンバーは。

豪華すぎませんか

贅沢すぎる映画だなと思いました。

音楽の道を志すけどなかなか成功しない青年、

青年の音楽、そして死を胸に秘め活動する女性、

子供を降ろすか悩んでいる女性、

水商売をしながら両親の世話をする女性、

それぞれ住んでいる場所、やっていることは違うのですが、

これ、最後に全部1つにつながります。

めちゃくちゃすっきりします、すごいストンときます。

原作読んでいなくても「おぉ!こうなるのか!」って、

映画見ながら勝手に納得していたもん。(笑)

ばらばらのパズルのピースがぴったりとハマっていく感じ。

今まで見た映画の中でも味わったことのない感覚でした。

過去と現代。

行ったり来たりの話でけっこうごっちゃになるのかなと思いきや

そんなことない。

過去のエピソードでも現代のエピソードでも時間軸はしっかりしているし、

(現代に至っては映画1本かけて夜が明けていくからね)

時間の軸でこんがらがらずに、

「あれ、今どの時代で誰がどうなっているんだ」

というのがこの映画にはありませんでした。

さっきも言ったけど、話が進むたびにパズルのピースがハマっていきます。

そして、私的一番泣いた涙腺ポイント。

ナミヤのじいちゃんが死んでしまう直前、

最後に訪れたナミヤ雑貨店内でじいちゃんの愛人だった人(すでに死んでしまっている)に再会して、

自分たちが別れて50年だね~って話しているとたくさんの手紙が

シャッターの外から投げこまれていくシーンがあるんですけど、

(これが現代の人からナミヤのじいさんへの返事だったりする)

その手紙の数々に感動して、そこで全部の話がつながって

涙がぶわああああああああってなって止まらなかったんです、マジで。

投げ込まれた数々の手紙を愛人の人が読み上げるのですが、

それを聞くナミヤのじいさんの顔がすごく優しくて優しくて、

自分が死ぬ直前に自分が書いた返事で多くの人が救われたって知ったらすごくうれしいし、

幸せな気持ちで最期を迎えられるだろうなって思ったら、

このじいさんめちゃめちゃ幸せだなって思ってさらに号泣。

他にも涙腺ポイントはいくつかあったんですけど、

どこのエピソードを切り取っても心にグッとくるシーンがいっぱいです。

そして、過去のことばかり話していましたが、

現代で悪さをして今はなきナミヤ雑貨店へ逃げ込んだ3人組の感情変化も見どころです。

彼らは自分たちが育ってきた養護施設が売却されラブホが建つのではないかと聞き、

その売却する会社の社長を狙って強盗犯となるのですが、

(その社長も実はナミヤに相談していた人だったり・・)

わからなくはないですよね。

自分たちの育ってきた施設が変な建物に変わってしまう事への怒り、

それが犯行という悪さにつながってしまったこと。

けれども、逃げ込んだナミヤ雑貨店の中で相談の手紙が過去から投げ込まれ、

何通かやり取りして、ふとさっき盗んできた社長のカバンに

『ナミヤ雑貨店様へ』という手紙を見つけて、

それがついさっき自分たちがアドバイスしていた人だったこと。

また、山田くんが現代の表口から投げこんだ白紙の手紙が

過去のナミヤのじいさんに届き、

それがナミヤのじいさんにとって最後の手紙の返事であり、

その手紙の返事を読んだ山田くんは人が変わったように更生していきました。

その過程もな、泣ける~~~~~~

私の語彙力がなく、かつめちゃめちゃわかりにくかったであろう文章ですが。

まず、まだ上映しているから一度見てほしい。

きっとどこかのシーンであなたの心を打ち、

感動の渦へと引きずり込んでいくと思います。

ジャニーズのグループを越えても十分に楽しめるし満足すると思います。

ちなみに、わたしはこの映画で初めて『映画館で泣く』ということを経験しました。(笑)

 

おまけの余談話ですが、一応来月も映画館に行きます。

目的はまるちゃん主演の泥棒役者

もう予告見ただけでワクワク楽しみにしているから、

今月は泣いた分、来月は笑って観賞しようと思います。