BIGでVIPなTOPになる!

ど新規神山担による雑事ブログ

会見から2日が経ちました

 

日曜日の悪夢から今日で2日経ちました。

 

 

 

 

あの状況でブログ書いて2日経って。

 

 

 

 

 

昨日初めて泣きました。

日曜日はもう感情というものが消え去っていたのか、

目の前で起こってることが全然理解できなくて、

泣くにも泣けなくて、

でも、昨日、Twitter、ブログ、動画、いろいろ徘徊しまくってたら涙が止まらなくて。

あぁ、泣いてるって思いました。

わたしからしたらすばるくん、関ジャニ∞は生きがいで、

でも、すばるくんや関ジャニ∞からしたらわたしなんてただのファンでしかなくて。

それでも、こんな生きがいの人たちのためにこんなにも感情爆発させて泣くことできるんだって思った瞬間でもありました。

 

 

 

 

 

NEWSの時ですら泣かなかったのに。

それは親が好きだったから。

親の成り行きで応援してたから。

お母さんがコンサートのお金払ってくれてたから。

きっと、自分で思ってるほど強く依存してなかったんだろうなって。

 

 

 

 

 

でも今回は違う。

自分で関ジャニ∞というグループを見つけて、

バイトしてお金貯めて、

ひとり暮らしだし超ギリギリになりながらCDやDVD買って、コンサートにも行って、

そして、関ジャニ∞というグループを通じて仲良くなった人たちもたくさんいるから。

関ジャニ∞というグループを心の底から本当に好きだったんだって。

 

 

 

 

 

 

この2日間、嫌というほど実感しました。

7人の関ジャニ∞が嫌というほど好きで、

依存しまくって、そして、愛してたんだって。

どんなに冷めても(自担の髪の毛が気に食わなかったり熱愛報道出たりとかしたりなど)

戻ってくるのは関ジャニ∞という7人のおっちゃんたちがいるアイドルグループで。

 

 

 

 

 

 

あのブログ書いたあと、お友達の家に遊びに行きました。

大阪にゆかりあるやつをみんなで焼きながら食べました。

家に行く途中で嵐が好きな子にポツポツと話して、黙ってウンウンって聞いてくれて。

家の中では関ジャニ∞というワードは一切出てこなくて。

その時間だけすばるくんが辞めるという事実を忘れることができて。

昨日は学校があって、

学校の中でも友人、部活の人、先輩、後輩、みんなに会いました。

でも、関ジャニ∞というワードは一切出てくることなかった。

わたしが思ってるほど関ジャニ∞で騒いでなかったせいなのかよくわからないけど。

ただ、だれも関ジャニ∞のすばるくん辞めるんだってね、って誰も私に言ってこなかった。

そのかわり、私の周りに人がいる限りはどんな作り笑いでも笑ってる自分がいて。

その時、その時間だけは関ジャニ∞が6人になること、すばるくんが事務所辞めること忘れることができて。

楽しかった、普通に楽しかった。

人といれば楽しいんだって思わせてくれた瞬間でもあった。

ありがとう、私の大学の人たち。

eighterじゃない、地元の友達から心配のLINEとかも一切くることなかったし。

なんか、私って人に恵まれてるのかなとか思ったりもした。

 

 

 

 

 

 

そして、あの時は6人のコンサート行かないとかぼやいてたけど、

フォロワーさんと話して、

早めにコンサート行こう、6人が頑張ってる姿見ようって話になって、

6人のコンサートいく決心ができました。

もちろん、7人に未練タラタラで全然6人での活動思い描けないし、

もう全然心の整理なんぞや全然できてないけど。

でもいく決断をしました。

うじうじしながらでもいいから。

7人のことをずっと思っててもいいから。

とりあえず見に行こう。

そのあとのことは見てから考えようって結論づいて。

 

 

 

 

 

 

あとはファンレターを初めて書こうかなって。

すばるくんへ、残されたメンバーへ、そして、関ジャニ∞という7人のグループへ手紙を書こうって。

届くかわかんないけど。

ただ、私が思ってることを伝えたくて、

そう考えた時に返事は来なくてもいいから手紙で伝えようかなって。

めちゃくちゃな文章になることは容易に想像つくけど、

とりあえず私の言葉で伝わるかわからないこの想いをメンバーに届けようかなって思います。

 

 

 

 

 

ねえ、すばるくん。

日曜から今の今までお家で1人でご飯食べらなかったけど食べれたよ。

家事もなんも手付かずだったけど、やっと洗濯機回すことできたよ。

少しはまじめに授業聞こうと思えたよ。

少しずつ現実世界に慣れてきたよ。

でも、やっぱり7人でしばらく時を止めさせてね。

すばるくんが関ジャニ∞というグループにいた時のままの状況でいさせてね。

いつか、すばるくんのように前を向ける日までは。

 

 

そして、横山くん、村上くん、まるちゃん、安田くん、亮ちゃん、大倉くん。

うじうじしていつまでも前を向かないファンでごめんなさい。

でも、6人のコンサートいく決心しました。

その光景を見るまではまだ会見が夢であると思わせてください。

ワガママなファンでごめんなさい。

いつか6人での関ジャニ∞を受け入られる日が来たら、

その時はきつく抱きしめてほしいな。

 

 

 

おしまい。